FC2ブログ

Welcome to my blog

ハーレクインと私

脳に刺激と栄養と

0 0
先日、前々から行きたかった美術展に行ってきました。
行ってきたのは、練馬区立美術館で開催されていた「モダン・パリの装い 19世紀から20世紀初頭のファッションプレート」、19世紀フランス文学を専門とする大学教授、鹿島茂氏のファッションプレートのコレクション展です。

ファッション・プレートとは…(耳にされた方もいらっしゃるとは思いますが、念のため)発生したのはマリーアントワネットの時代、写真もなっかった時に最先端のファッションを伝えるための銅版画で作られたカタログ、簡単に言えばファッション雑誌のようなものだそうです。いつの時代も女性はファッションに興味は尽きないようです。

今までもファッションプレートには何となく興味があって、資料として本を眺めているくらいだったのですが、現物を目の前にしてびっくり当時のファッションはもちろん、細部の装飾や布の質感、そして、はるか昔に刷られたものであるはずなのに華やかな色彩が鮮明に残されていました。20世紀のものになるともはや単なる情報誌ではなくドラマのワンシーンを見ているようにも感じました。

残念ながらもうこの展示会は終了してしまいましたが、ファッション・プレートに興味のある方は機会があったら現物を見ることをお勧めします。私はすっかりはまってしまいました

さて、現在の仕事の状況ですが、次の原作待ち、というところです。>
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply